カテゴリから探す

ピックアップ特集

暑い季節を快適に過ごす タオル特集暑い季節を快適に過ごす タオル特集

暑い季節を快適に過ごす
タオル特集

じめじめとした梅雨が明けて、本格的な夏の暑さが到来した。額や首元からあふれ出る汗を拭い、入浴後に濡れた身体を拭き取るなど、タオルが大活躍する季節といえるだろう。今年の夏もステイホームが求められることになるが、室内で過ごしていても汗をかいてしまうもの。特に、感染防止に不可欠な存在となったマスクにより、余計に暑さを感じやすくなっている。昨年同様に、多目的に使えるタオルがあれば安心だ。定番のフェイスタオルやタオルケット、人気の今治タオル、贈り物にも喜ばれるキッズ・ベビー用タオルなど、GOODAオススメのアイテムを多数ピックアップ。価格、デザイン、肌触りの良さなど、好みのタオルが見つかるだろう。

新着コラム

【自転車カスタム】チャイルドシートを付けてもカッコ良く、趣味にも使える! 子育てが100倍楽しくなるパパチャリカスタム
暮らし・住まい

【自転車カスタム】チャイルドシートを付けてもカッコ良く、趣味にも使える! 子育てが100倍楽しくなるパパチャリカスタム

子育て世代にとって、子供の保育園や幼稚園の送り迎え、日々のお買い物で使う自転車はなくてはならないもの。 チャイルドシートをマウントさせて、お買い物にも使える実用的な自転車といえば電動アシスト自転車。多くの…
2021.07.08

インタビュー

三浦翔平の日常に欠かせないサーフィン&Outdoor Life
スペシャルインタビュー

三浦翔平の日常に欠かせない
サーフィン&Outdoor Life

青い海、広い空。そして、美味しい空気。自然のなかにいるだけで癒され、明日への気力が湧いてくる。コロナ禍を経て、アウトドアで過ごす時間はさらに貴重なものになっただろう。俳優・三浦翔平もそんなアウトドアにどっぷりハマっているひとりだ。知人から誕生日に手づくりのボードをプレゼントしてもらったのをきっかけにはじめたサーフィンをはじめ、ゴルフ、ツーリングなど多彩な趣味について聞いた。
2021.7.15
柳楽優弥さんインタビュー 31歳を迎え、コロナ禍の変化も重なり演技が分からなくなった。
スペシャルインタビュー

31歳を迎え、コロナ禍の変化も重なり
演技が分からなくなった。

コロナ禍で増えた家族との大切な時間。新しい趣味もできた。一方で、全力で駆け抜けてきただけに突然の空白に不安がよぎる。また、あの緊張感のある現場に戻れるのだろうか。この時代を生き抜く、自分なりのニューノーマルを探して。崩れた心のバランスを正そうと奮闘する俳優・柳楽優弥、31歳の現在地。
2021.5.17
高橋 優 「僕が“カメラタイム”をつくる理由」
大人の好きなモノ語り

高橋 優
「僕が“カメラタイム”をつくる理由」

デビュー10周年を今この世界情勢で迎えた、高橋優さん。そんな中での曲づくり、変わっていく音楽を取り巻く環境、新たに生まれた“趣味”。放映中の父と娘の愛憎混じるドラマ『生きるとか死ぬとか父親とか』オープニングテーマ曲となっている、シングル『ever since』について、熱く優しく語ってくれた。
2021.5.10
高良健吾さんインタビュー「高良健吾が考えるニューノーマルとは?」
巻頭インタビュー

高良健吾さんインタビュー
「高良健吾が考えるニューノーマルとは?」

2020年は激動の一年だった。当たり前が当たり前でなくなり、ルールが書き変わっていった。それでも人生は続くから、価値観をアップデートして新しい楽しみや喜びを探すほうが建設的だ。ファッション、日々の暮らしそして、仕事との向き合い方……。俳優・高良健吾と語らう僕らのニューノーマル。
2021.1.15

ファッション

俳優・三浦翔平が着こなす色気漂うリゾートコーデ
巻頭・ファッション

俳優・三浦翔平が着こなす
色気漂うリゾートコーデ

もうすぐ夏本番。今年も猛烈な暑さになるに違いない。装いくらいは涼しさを感じさせるアイテムを選びたいところだ。そこでオススメなのはリゾートコーデ。コントラストが強めな日差しには、街でも柄物のシャツがよく映える。また違いを見せるなら風にそよぐようなエアリーな素材や大きめなサイズ感で軽さを出すこと。チラリと見える二の腕や胸元が男の色気を醸し出し、より夏らしいリゾート感を演出できるのだ。
2021.7.15
俳優・柳楽優弥が着こなすミニマリズムな初夏スタイル
巻頭・ファッション

俳優・柳楽優弥が着こなす
ミニマリズムな初夏スタイル

しばらくはお洒落に力を入れすぎない、さりげないファッションが支持されるだろう。シンプルなデザインを選びつつ、シルエットにはゆとりをもたせ、リラックス感を心がけることが大切だ。そんな時代の空気をしっかり押さえたら、季節感が際立つカラーリングを加えて、アクセントを付ける。そんなミニマル+αな装いを俳優・柳楽優弥さんが着こなします。
2021.5.17
外出を快適にする高次元アイテム
高次元アイテム

防水、耐摩耗、抗菌、耐衝撃……
高機能で見た目もシャレてる!
外出を快適にする高次元アイテム

ひさしぶりの通勤や外出。そこで、にわか雨に降られると、いままで以上に不快な気分になるのでは? これからの季節は空模様も変わりやすく事前の備えが肝心だ。といいつつも、機能性を求めるあまり見た目まで犠牲にはしたくないだろう。そこで高機能でなおかつ見た目もシャレているそんな外出を快適にしてくれる高次元アイテムを紹介しよう。
2021.5.17
“これさえあればいい”Tシャツ&短パン 気分がアガる30枚
Tシャツ&短パン

“これさえあればいい”
Tシャツ&短パン 気分がアガる30枚

いろいろと大変な世の中だからこそ、気分がアガる服を着て少しでも楽しく過ごしたいところです。で、昨今の日本の暑い、熱い夏の鉄板スタイルといえばTシャツと短パン。むしろこれさえあれば他はいらないといっても過言ではありません。ということで、今回は最旬キーワードをもとに厳選したTシャツと短パンを、ドドンと計30枚ご紹介。
2021.5.17
人と被らないコラボサンダル5足
コラボサンダル

洒落者オジさんの足元に推奨!人と被らないコラボサンダル5足

ここ数年の暑い、熱い夏の影響もあり、すっかり定番として定着した感のあるサンダル。ビーチサンダルからスポーツサンダル、スニーカーサンダルなどさまざまな種類があり、以前に比べると選択肢も俄然広がっています。今回は、特に今夏注目しておきたい人気ブランドやショップとのコラボサンダルをピックアップ!
2021.5.17

暮らし

特別なことをせずに装備も最低限孤独を楽しむ贅沢なソロキャンプ&渓流釣りに行こう!
ソロキャンプ

特別なことをせずに装備も最低限
孤独を楽しむ贅沢な
ソロキャンプ&渓流釣りに行こう!

キャンプが流行し、家族や知人とアウトドアに出かける人も増えた。もちろん大勢でのキャンプも楽しいがテントを張ったり、料理をつくったり、火起こしをしたりと、やることが多く疲れる。というのも本音としてある。そこでたまにはひとりで出かけてみるのはどうだろう。装備も最低限に抑え、のんびり過ごす。渓流釣りのような黙々と楽しめるアクティビティくらい加えてもいいだろう。特別なことはしないという贅沢な時間を満喫しよう。
2021.7.15
サラリーマン“アングラー”釣り五郎がゆく!「#13 ショウサイフグ編」
釣りコラム

サラリーマン“アングラー”
釣り五郎がゆく!「#13 ショウサイフグ編」

今回のターゲットは「ショウサイフグ」。関東では通年、釣ることができる人気の魚。数が狙えるのは秋で、梅雨時期から初夏にかけては産卵期で白子をもった個体が上がる。いわゆる“フグ”で、卵巣や肝臓などに毒性をもつが、船宿なら免許をもったスタッフがさばいて毒性のある部位を除去してくれる。市場価格は1kgで約1,500円。そんなショウサイフグ釣りに出かけた五郎だったが、そこにはなんと、恋の予感が、、。
2021.7.15
男たちの料理道具 #15 韓国料理をアウトドアで楽しむ
料理道具

男たちの料理道具
#15 韓国料理をアウトドアで楽しむ

キャンプ飯の定番といえば、バーベキュー。しかし近年はキャンプのスタイルが多様化したことによって、パンを焼いたり、パスタを茹でたりと、思い思いの料理をつくって楽しむ人が増えている。なかでもオススメなのが、韓国料理。夏でも夜になると、山間は冷え込むため、香辛料を使う韓国料理は暖も取れるし、キャンプにうってつけ。そこで今回は韓国料理をアウトドアで楽しむための調理器具をご紹介。
2021.7.15
サラリーマン“アングラー”釣り五郎がゆく!「イサキ編」
釣りコラム

サラリーマン“アングラー”
釣り五郎がゆく!「イサキ編」

今回のターゲットは「イサキ」。関東では冬の寒イサキにはじまり、秋まで釣れる。最盛期は梅雨のころ。イサキは群れで移動するため、日によっては入れ食いになることも。しかし、仕掛けが長く取り回しが難しく、狙う棚(たな=深さ)もシビアだ。そんな釣りから五郎が導きだした格言とは?
2021.5.17

匠のモノ語り

磁気ネックレスの通販ほぐしや本舗

細やかな“接客”で
健康と幸せを届ける

磁気ネックレスの通販ほぐしや本舗
厚生労働省の調べによると、日常生活で自覚している症状の中で「肩こり」は女性が1位、男性が2位。そんな肩こりに効果的な磁気ネックレスの販売に特化している「磁気ネックレスの通販ほぐしや本舗」。取扱商品の中でもっともシェアが高いメーカー、株式会社コラントッテとともに歩んできた歴史、そしてこれからにフォーカスする。
2021.7.15
イツキサイン

遊びゴコロを取り入れた
高品質アイテムをスピーディに商品化

イツキサイン
鉄、アクリル、シート、木材を扱うものづくりの会社として、多くの製品を製作してきた、埼玉県のイツキサイン。その能力を生かして昨年からEC事業部とともにスタートさせたのが、アクリルパーテーション、フットプッシュ消毒スタンドの製作。フットプッシュ消毒スタンド工場とEC事業部のある第3工場で、ものづくりへのこだわりと情熱を見せてもらった。
2021.6.15
ザ・クロックハウス

“ナツカアタラシイ”70年代テイストを手元に。
腕時計を毎日着替えるファッションアイテムへ

ザ・クロックハウス
全国260店舗とECサイトで、国内外のブランドはもちろん、オリジナルブランドなど幅広い腕時計を取り扱う、ザ・クロックハウス。1970年代のプロダクツからインスパイアされたオリジナルの「タウンカジュアル」シリーズは、“ナツカアタラシイ”とその時代を知らない若い世代にも好評だ。専務取締役の大田弘之さんその開発背景と魅力、そしてこれからの腕時計のあり方について、語ってもらった。
2021.6.15
株式会社高昇

市場ニーズを敏感にキャッチし、
国内最大級のパーテーション製造業者へ

株式会社高昇
2006年に夫婦ふたりでスタート、看板・サインの設計・製作・施工を手がける企業として、15年で大きく成長した株式会社高昇。もともとECで取り扱っていたアクリルパーテーション事業を、2020年春、緊急拡大。現在、国内最大級のパーテーション製造業者となった高昇の代表取締役・岡本美咲氏にその信念を聞いた。
2021.6.15

テーマから探す

バックナンバー