スタイリスト菊池陽之介さんに聞く!今年の夏はブルマが旬、ってホント!?
pc_share

    ファッション

    スタイリスト菊池陽之介さんに聞く!
    「今年の夏はブルマが旬」ってホント!?

    2021.06.30

    多方面で活躍する人気スタイリストの菊池陽之介さん、通称キクチさんを講師に招き、世のファッショントレンドのウソ・ホントを問う今連載。

    第2回目のテーマは「足元にブルマが旬?」という、にわかには信じがたいウワサ。そこんとこどうなんですかね、キクチさん!?

    第1回目はコチラ▶「白Tよりも色Tがアツい」ってホント?

    Edit&Text/Naoki Masuyama

    profile_title
    • 菊池陽之介
    • スタイリスト

      菊池陽之介

    • 1979年生まれ、神奈川県出身。幼少期からファッションに親しみ、2000年にスタイリスト熊谷隆志氏に師事。2004年に独立。現在は雑誌、広告、俳優のスタイリングで活躍するほか、キッズブランド「SMOOTHY」のディレクションも手がける。趣味は海釣り。

    今年の夏はブルマが旬…ってマジか!?

    ――キクチ’s Conclusion――

    そうそう意外でしょ……って、どういう耳しちゃってんのよ。変態みたいなこと言ってこの連載を早速打ち切ろうとするのはやめてください(笑)。旬なのはブルマじゃなくて、「グルカ」。旧インド軍のグルカ兵が履いていた軍靴を発祥とするグルカサンダルです。

    グルカサンダル

    グルカサンダル

    毎年、夏になるとサンダルが恋しくなりますよね。ただし、シャワーサンダルなどのいわゆる“つっかけ”系の人気はひと段落した模様で、今季はよりシューズライクなサンダルが注目されています。アウトドア系でも爪先やかかとをガードしてくれる“水陸両用”のサンダルが増えてきたり。その源流、もしくは大人版と言えるのが、革靴とサンダルの長所を掛け合わせたようなグルカなのかなと思います。

    履き心地はラクですが、見た目は非常にエレガント。レザー製のしっかりした作りなので、数シーズンは活躍してくれます。一般的なサンダルよりも幅広いTPOに対応しますし、一足持っておくと安心感が違いますよ。

    キクチさんのイチオシのグルカサンダルは?

    オススメ① パラブーツのパシフィック

    パラブーツ サンダル

    参考価格:39,600円

    フランス生まれのコンフォートな革靴として有名な「パラブーツ」。そのなかでもこの「パシフィック」は、まさに名作です。個人的にも愛用していますが、とにかくレザーが柔らかくて、インソールはクッション性抜群。グルカの王道ともいうべき品のある佇まいもいいですね。

    デニム、スラックス、チノなどどんなパンツにも合わせやすいオールマイティで、気持ちはリラックスしながらもコーディネイトをピリッと引き締めてくれます。

    商品詳細はこちら

    オススメ② リプロダクションオブファウンドのイタリアンミリタリーサンダル

    リプロダクションオブファウンドのイタリアンミリタリーサンダル

    参考価格:29,480円

    軍モノを再解釈して表現するシューズブランドらしく、実在した80年代のイタリア軍用グルカサンダルをモダナイズ。そのモチーフがインソールに記されていたり、実際に軍用シューズを作っていたスロバキアの工場でハンドメイドされていたり、背景も含めて面白いですね。

    リプロダクションオブファウンドのイタリアンミリタリーサンダル

    牛革で形成されたコロンとしたアッパー以上に存在感を放つのが、ゴツい厚底のタクティカルソール。耐久力などの実用性だけでなくデザイン的にポイントになるので、軍パンやデニムなどのアメカジアイテムと合わせても埋もれることはありません。

    商品詳細はこちら

    オススメ③ ダブルエイチのWH2S-0900

    ダブルエイチのWH2S-0900

    参考価格:55,000円

    日本でも指折りのシューズデザイナーである坪内浩さんと、著名ファッションディレクターの干場義雅さん。ふたりのイニシャルを名前に冠したコラボレーションブランド「ダブルエイチ」のグルカは、やはり完成度の高さを感じさせますね。

    カーフレザーを贅沢に使ったドレス寄りのルックスは、短靴にも劣らずエレガント。そのうえで軽量、ソフトタッチといった快適性能を追求しています。

    ダブルエイチのWH2S-0900 ソール

    さらに、ソールとインソールに厚みを持たせて5cmの足長効果を実現するという、日本人特有の悩みにまでアプローチするのだから恐れ入ります。

    商品詳細はこちら

    オススメ④ フランテッリ ジャコメッティのFG442

    丁寧な手仕事が光るイタリアの名門からも、グルカサンダルは定番としてリリースされています。こちらはそのスリッポンタイプ。ストラップなどの金具がないぶん、シボ革の高級感を嫌味なくコーディネイトに組み込めるのではないでしょうか。

    トゥに向かうにつれて細身になるシルエットは、まさしく上品なイタリア式。スラックスはもちろんハマりますが、あえてゆったりしたイージーパンツに合わせるのも気分ですね。

    商品詳細はこちら

    ということで、今季の旬な足元はブルマではなくグルカ。ゆめゆめお間違いのないよう……。ちなみに、グルカビギナーの方には断然ブラックがオススメです。合わせやすく、日本人の白い足とも相性がいいですから。また、ソールは歩きやすいラバー系が無難ですよ!

    sp_share
      バックナンバー
      アクセルジャパン