F/CE×NANGAのコラボダウンが 街派にも最適な冬アウターなワケ
pc_share

    ファッション

    F/CE×NANGAのコラボダウンは
    街派にも最適な冬アウターだ

    2020.10.23

    F/CEが国内屈指のダウンファクトリーNANGAとコラボしたエクスクルーシブラインが発売された。アウトドア派にとってはハイクオリティな製品群でおなじみのNANGAだが、アウトドア派だけでなくタウン派にも今回のエクスクルーシブラインは魅力たっぷりのアイテムだったのだ。

    Text/Ryoichi Komaba

    どんな天候でもOKなハイテク素材

    zzz1
    F/CE×NANGA

    生地にはF/CEが今季開発したハイテク素材「FLIGHT」を使用。そのスペックは、耐水圧20,000mm、透湿性20,000g/smというハイエンドレインウェアと同レベル。わかりやすく説明すると、耐水圧というのは、生地に染み込もうとする水の力を抑える力。耐水圧20,000mmは台風レベルの嵐でも耐えられるレベルなのだ。また同様に、透湿性は水蒸気を逃がす度合いのことで、透湿性20,000g/smは激しい運動をしてもムレずに快適に過ごせるというわけ。

    で、生地がすごいのはわかったけど別に俺、山に登ったりしないしなーという人はちょっと待って! なにも山だけがハードな環境ではない。街だってとってもヘビーな環境なのだ。例えば外は寒いけど電車の中は暖房が効いていて汗だくなんて経験は誰しもがあると思う。しかし、この生地ならば洋服内の湿度が常にコントロールされているのでいつでも快適。

    さらに外出時によくある突然の雨。ダウンは濡れると羽毛が水分を吸ってなかなか乾かないし、見た目にもシルエットが崩れてしまう。しかし! 撥水性に優れたこの生地ならばどんな豪雨や豪雪に見舞われてもへっちゃら。

    職人が選別する高品質な羽毛

    zzz1
    F/CE×NANGA

    生地はよくても肝心の羽毛がよくなきゃ本末転倒。そこで、ダウンづくりに長年のノウハウを持つNANGAが、ヨーロッパ産の原毛を職人の手によってひとつひとつハンドピックで選別。さらに優れた検査・技術により国内で洗浄精製することで非常に丈夫で羽毛特有の匂いのない、高品質ダウンに仕上げているのだ。

    ダウンは全部で3型

    ボムジャケット

    zzz1
    F/CE×NANGA ボムジャケット

    参考価格:7万2000円

    F/CE定番のボムジャケットは、ミニマルなデザインで洗練された都会的な印象たっぷり。マットな止水ファスナーのさりげないアクセントも機能的かつクールな雰囲気を底上げしてくれている。真冬でも寒さを感じさせない200gものダウンを使用した贅沢なつくりだ。また、脇下には熱がこもらないようベンチレーションを備え付けるなど工夫が凝らされている。

    商品詳細はこちら

    ノルディックダウンパーカ

    zzz1
    F/CE×NANGA ダウンパーカ

    参考価格:7万2000円

    N3Bをベースにしたモデル。大ぶりのフラップポケットを備えており、バッグいらずの収納力が自慢だ。メカニカルストレッチの素材を使用しているので、動きやすくそして軽い着心地が特徴。背面にはグローブやストールを収納できるポケットもついており、ストリートもアウトドアもこなせるオールマイティな1着となっている。カラーは写真のブラックのほか、コヨーテとカーキの3色展開。

    商品詳細はこちら

    スタンドロングダウンコート

    zzz1
    F/CE×NANGA スタンドロングダウンコート

    参考価格:7万5000円

    膝まであるロング丈のダウンコート。裾やフードにドローコードをあしらい、風雨の侵入を防いでくれるのでどんな寒波が来てもへっちゃら。ダウン特有のボリューム感を抑え、スタイリングにメリハリ感を出せるベルトは、耐久性に優れたコーデュラナイロンを使用。また、シークレットポケットも付いているので使わないときには収納することもできる。首周りには収納可能なフードを備えており、さまざまな着こなしが楽しめる。

    商品詳細はこちら

    スタイリッシュかつ、どんな気候でも快適に過ごせるF/CE×NANGAのハイテクコラボダウン。今冬の買い足しコートの候補にいかが?

    sp_share
      BACK NUMBERBACK NUMBER