pc_share

    レビュー

    コーヒー通が唸る至高のゴールドフィルターとは

    2020.07.29

    自宅でのカフェタイムに、ハンドドリップで淹れたコーヒーを楽しんでいる人は多いだろう。コーヒーの味を決める条件といえば、豆や焙煎方法が真っ先に思い浮かぶ。けれども、もうひとつ重要なものがある。それはフィルターだ。なかでもコーヒー通に人気の商品が、「Cores(コレス)」の「ゴールドフィルター」だ。

    Edit&Text/GOODA編集部

    そもそも、ゴールドフィルターって?

    sub01

    自宅でコーヒーを淹れる時、ペーパーフィルターを使用している人が多いのでは? じつは、コーヒーの旨味の元は豆の「オイル」。このオイルを抽出できるかどうかがコーヒーの味を左右するのだ。ぺーパーフィルターでコーヒーを淹れると、オイルは紙に引っ掛かってしまい、コーヒーに十分に抽出されているとは言い難い。その点、金属製のメッシュでできたフィルターならオイルが引っかかることもなく、しっかりと抽出できる。だからこそ、美味しいコーヒーができるという訳だ。

    sub02

    写真左がゴールドフィルターで写真右がペーパードリップ。うっすらオイルが浮いているのがわかるだろうか。これが旨味になるのだ。

    豆のもつ特徴を逃さず、しっかり抽出できる金属製のフィルターは、スペシャリティコーヒーのような良質な豆の抽出に最適。なかでも、メッシュの部分が純金でコーティングされたものは化学変化に強く、味と香りに対しても影響が少ない。まさに「コーヒー通のための至高のフィルター」であり、これを実現したのがコレスのゴールドフィルターなのだ。

    “コーヒーの天才”が
    開発に携わっている

    sub03

    コレスのゴールドフィルターには、2種類がある。2~4杯用のC246BKと、2~8杯用のC286BKだ。

    商品開発には、あの「丸山珈琲」の代表・丸山健太郎氏が共同で携わっている。スペシャリティコーヒーを広げた先駆け的存在であり、“コーヒーの天才”ともいわれる人物だ。

    ゴールドフィルターには粗いメッシュを採用し、豆のオイル分が十分に抽出できるように設計。湯のホールド力が高くないから、短時間での高温抽出が可能になっており、スペシャリティコーヒーの味と旨みが存分に楽しめる。

    これまでも改良を重ねているが、先日のリニューアルでは、コーヒーの粉を測る目安となる目印を作成。入れるコーヒー豆の量がひと目でわかるようになり、さらに利便性が向上した。

    「本当の味を知らなかったのかもしれない」
    そう思えるほどのコーヒーの味わい

    sub04

    ゴールドフィルターの使い方はすごく簡単。付属のホルダーにセットして、豆を入れて湯を注ぐだけ。使ったあとは水でサッと洗うだけと手軽に使える。

    ペーパーフィルターと違い、資源の消耗もないし、ストックの有無も気にしなくていい。1日に何回もコーヒーを淹れる人なら、経済的にも安く済むのが嬉しい。

    実際に、コレスのゴールドフィルターで淹れたコーヒーを飲んでみた。

    ペーパーフィルターで淹れたコーヒーと比べ、まったりとしたコクのある味わいが広がる。今までペーパーフィルターで淹れたコーヒーを飲んでいたが、「本当の味を知らなかったのかもしれない」と思った。それくらい濃厚で芳醇な味だった。

    ただ、ひとつ言っておきたいのは、ペーパーフィルターにはペーパーフィルターの良さがあるということ。豆のオイル分を紙がキャッチする分、さっぱりとした味わいになるので、軽めのコーヒーが飲みたい時はこちらがオススメだ。その時の気分に合わせて、ペーパーとゴールドフィルターを使い分けるのがいいだろう。

    朝の1杯、休憩時の1杯をもっと美味しく、豊かにしてくれるゴールドフィルター。コーヒー好きなら、ぜひその味を試してほしい。

    ITEM DATA

    • item

      Cores ゴールドフィルター C246BK/C286BK

    • money

      C246BK(2~4杯用)3,300円

    • money

      C286BK(2~8杯用)3,850円

    main

    粗めのメッシュに純金をコーティングしたゴールドフィルター。豆のうまみであるオイル分が十分に抽出できるから、スペシャリティコーヒーの芳醇な味わいが存分に楽しめる。

    楽天市場で探す

    sp_share
      BACK NUMBERBACK NUMBER