大きいキャリーケースならこれがおすすめ! 人気商品10選
pc_share

    ファッション

    大きいキャリーケースならこれがおすすめ! 人気商品10選

    2024.02.07

    コロナ禍がひと段落し、気軽に旅に出られる日常が帰ってきた。今年こそ、待ちに待った海外旅行を予定している人も少なくないだろう。

    そこで欠かせないのがキャリーケース。いざ購入しようとすると、チェックするべきポイントが幅広く、選択肢も豊富だ。決して安くはない買い物だからこそ、絶対に失敗は避けたいところ。

    今回は、GOODA読者のために、長期旅行にオススメしたい大きめのキャリーケースを10種類セレクトした。ぜひ参考にしてみてほしい。

    Top Image by American Green Travel on Unsplash

    【大きいキャリーケースのメリット】

    photo by Marissa Grootes on Unsplash

    サイズが大きい分、どうしても価格は高くなる。ただし、シチュエーションによってはそれを補って余りあるメリットがあるのも事実。以下の観点を参考にしてほしい。

    ・長期旅行、パッキング、家族旅行

    もし1週間以上の長期旅行を考えるならば、容量80リットル以上の大型タイプがオススメ。容量たっぷりのキャリーケースは何よりも安心感がある。“持っていくか否か”の吟味の手間が省かれることで、パッキング時のストレスが軽減される。家族旅行など、2人以上の旅行では荷物を一つにまとめることもできるかもしれない。

    また、旅先ではお土産の購入などもあり、帰りのタイミングでは荷物が増えていることも多い。冬の旅行では衣類がかさばりやすいこともあるので、容量に余裕がある方が便利だろう

    ただし、収納物に対してあまりにも大きすぎるのはNG。内部で激しく動き回り、破損の恐れもあるので注意したい。

    【キャリーケースのサイズ】

    ・航空会社で無料になるサイズ

    各航空会社が定める基準を満たした荷物は無料で預けることが可能。一般的に無料で手荷物を預ける場合の最大サイズの目安は、「総外寸3辺の合計が158cm以内」。しかし、航空会社や座席のグレードによって規定が異なるため、利用する便が確定した段階で確認することをオススメする。

    ・泊数ごとの大きさの目安

    泊数ごとの目安は「1泊=10リットル」と言われている。荷物が多くなりがちな人はこれよりも「少し大きめ」のキャリーケースを選ぶと安心だろう。

    【キャリーケースの選び方】

    photo by taylor beach on Unsplash

    ・価格別

    とにかく出費を抑えたいのであれば1万円前後が目安となる。キャリーケースは素材やブランドによって価格の幅がかなり大きく、10万円以上の逸品も存在する。

    ・サイズ、重さ別

    航空会社のサイズ制限は、スーツケースの3辺の合計によって決まる。機内持ち込み可能なのは基本的に3辺の合計が「115cm以内」のもの。無料受託手荷物に関しては航空会社や座席のグレードによって規定が異なり注意が必要だが、3辺の合計が「158cm以内」が一つの目安となるだろう。

    スーツケースは、素材によってハードタイプとソフトタイプの2種類に分類される。ナイロンやポリエステル製がメインのソフトタイプは、軽量で気軽に使えるのが最大のメリット。

    ただし、耐衝撃性や防犯性を考えると、ハードタイプに軍配が上がる。天候などの状況を選ばないのも魅力だ。

    ソフトタイプと比較すると重量は重たくなるが、近年は軽いうえに耐久性が高いポリカーボネートが主流となり、以前と比較するとかなり軽量化が進んでいるといえる。

    ・デザイン、収納機能別

    キャリーケースの色はブラックやネイビー、シルバーなど、落ち着いたものを選ぶ人が多い。ベーシックなカラーはスーツにも合わせやすいため、旅行だけでなくビジネスシーンでも活躍するだろう。

    あえてデメリットを挙げるとすると、荷物受け取りの際に見つけづらく、場合によっては取り違えられるケースがあること。目立つ色や個性的なデザインのものを選ぶと、そうしたリスクを軽減できるうえ、旅の始まりに向けて気分を高められる効果もあるだろう。

    また、ガイドブックやPCなど出し入れが多いものを持ち運ぶ際は、フロントオープンタイプのキャリーケースが便利。ポケットの幅は決して広くはないが、立ったまま出し入れができるのは非常に便利だ。

    【オススメの大きいキャリーケース10選】

    ここからはGOODA読者にオススメな人気のキャリーケースを10種類紹介。1万円前後から20万円を超える至高の逸品まで幅広くセレクトした。

    innovator/Carry Wagonシリーズ

    参考価格:17,600円/photo by 楽天市場

    素材は耐衝撃性、耐熱性、耐燃性に優れ、航空機や医療機材にも使用されるポリカーボネート。360度回転式で静粛性の高いキャスターは、後輪に一回り大きいものを装備することで二輪走行時の走破性を高めている。

    トップ、フロント、サイド、ボトムと4つのハンドルを備え、どの方向からも持ち運ぶことが可能。北欧・スウェーデンのライフスタイルブランドならではの、どこかかわいらしい佇まいも魅力だ。

    商品詳細はこちら

    Samsonite/C-LITE

    参考価格:52,799円/photo by 楽天市場

    1910年にアメリカ・コロラド州のデンバーにて誕生した「サムソナイト」。世界初の軽量スーツケースやキャスター付きなど、耐久性とデザイン性に優れる商品を世に送り出し続けているブランドだ。

    同ブランドの一番人気「コスモライト」の次世代モデル「C-LITE」。自社開発した独自素材Curve(カーヴ)を使用し、軽量かつ衝撃や歪みに対し優れた耐久性を誇る。ダブルチューブハンドルとダブルホイールを採用し、音も静かで、より安定した走行が可能になっている。

    内部のライニングには、ペットボトルからつくられたリサイクル生地を使用するなど、環境へ配慮されている点も高ポイントだ。

    商品詳細はこちら

    無印良品/バーを自由に調節できる ハードキャリーケース

    参考価格:27,900円/photo by 楽天市場

    キャリーバーの高さを1cm間隔で自由に調整できるキャリーケース。ストッパー機能付きで、手元のボタンを押すだけでぴたっと固定でき、揺れる電車の中でも転がらず安心できる。

    本体には防犯性の高い二重ファスナーを採用。アメリカでも施錠したまま空港に預け入れ可能なTSロックも装備している。なお、この75リットルのモデルは一週間前後の滞在にぴったりの新サイズだ。

    商品詳細はこちら

    LEGEND WALKER × スーツケースの旅のワールド/GRACE

    参考価格:12,980円/photo by 楽天市場

    旅をサポートするスーツケース専門店「スーツケースの旅のワールド」が、顧客の声をもとに日本ブランド「レジェンドウォーカー」と共同開発したモデル。高級ポリカーボネートとABSを混合した軽量高品質ボディでありながら、驚愕のコストパフォーマンスを実現している。

    安定した走行を可能にする大型のダブルキャスターはもちろん、小物を掛けられるフック付き台座など機能も充実。上質なアルミパーツ、手を離すとゆっくりと戻るサイド&トップハンドル、持ちやすい形状のキャリーバーなど細部にもこだわりが。

    全11色の豊富なカラバリからお気に入りを見つけたい。

    商品詳細はこちら

    ace./パリセイド3-Z

    参考価格:38,500円/photo by 楽天市場

    カラーリングの美しさが際立つ銀面加工が洗練された空気感を醸す「ace. TOKYO LABEL 」のパリセイド3-Z。施錠したまま預けることができるTSロックは、キーを必要としない3ケタのダイヤル式だ。

    1週間程度の旅に適した74リットルモデルで、静音キャスターやキャスターストッパーを搭載しているほか、内装には抗菌加工を施した生地を採用するなど、優れた機能が満載。上質な仕上がりが快適な旅を演出してくれるだろう。

    商品詳細はこちら

    SKY NAVIGATOR

    参考価格:30,800円/photo by 楽天市場

    オーソドックスなデザインと深みのある色合い、美しさと機能性を併せ持つ日本ブランド「スカイナビゲーター」のスタンダードスーツケース。ボディには耐久性に優れたABSとポリカーボネートの混合素材を使用。開閉部のアルミフレームは高い強度を備え、衝撃からケースを守ってくれる。

    合計8つのタイヤが衝撃を吸収し、デコボコした道でも安定した走行が可能。世界各国で利用できるTSロックももちろん搭載。優雅でスタイリッシュなカーボンカラーの他、ツートンカラーもラインナップに並んでおり、いずれも高級感がある。

    商品詳細はこちら

    RONCATO/WE ARE

    参考価格:93,500円/photo by 楽天市場

    世界50か国以上で販売されているイタリアのメジャーブランド「ロンカート」は、ハードケースのパイオニアとして高い評価を得ている。

    この「WE ARE」はロンカート史上、最も耐久性がありながら軽量とされているモデル。ボディにはポリプロピレンの3層構造素材を使用し、特製ロゴ部分はポリエスターのプレートにミラー・クロームメッキを施している。

    通常のシングルファスナーと比べて2.5倍の強度があり、鋭利な刃物でもこじ開けづらいダブルファスナーは、雨水も染み込みにくい優れもの。柔らかいイタリアンレザーを贅沢に使用したハンドルは使い込むほどに手に馴染んでくれるだろう。

    ブラックやシルバーなどベーシックなカラーもあるが、差し色のレッドが映えるホワイトはイタリアブランドらしさをより一層感じられるかもしれない。

    商品詳細はこちら

    American Tourister/SENNA

    参考価格:19,800円/photo by 楽天市場

    1995年にサムソナイトグループの一員となったアメリカンツーリスター。そのアイデンティティーは「楽しく」「カラフル」「ファッショナブル」だが、本モデル「SENNA」はまさにそれを感じさせるダイヤ柄を配したデザインが特徴的だ。

    容量拡張機能を搭載しており、旅先で荷物が増えても安心。内部の半分はポケット付きのファスナー式ディバイダーで、もう半分はクロスストラップが付属し、パッキングした荷物の崩れを防ぐ。

    裏地には抗菌加工が施されており、目に見えない部分でも旅をサポートしてくれるに違いない。

    商品詳細はこちら

    ZERO HALLIBURTON/Classic Lightweight 3.0

    参考価格:110,000円/photo by 楽天市場

    キャスターやハンドルのデザインを一新し、新たなカラーバリエーションを取り揃えたポリカーボネート製スーツケースのライトウェイトシリーズ。クラシックなダブルリブを象徴としたボディデザインで、現代のトラベラーのニーズを満たす軽量な仕上がりとなっている。

    オイルダンパー内蔵で、ゆっくり静かに倒れるオートリターンハンドルを搭載。コンプレッション機能付きの内装仕様は荷物の増減による偏りを防ぐなど細やかな配慮がなされているのもポイントだ。

    商品詳細はこちら

    TUMI/Extended Trip Packing Case

    参考価格:218,000円/photo by 楽天市場

    1975年にアメリカで設立された「トゥミ」は、キャリーケースだけでなく、ビジネスバッグやトラベルバッグなど、デザインと機能性を兼ね備えたバッグ展開し世界中で愛されているブランド。

    アルミニウム製のボディに凹凸の模様を加えることで、デザイン性だけでなく外部衝撃に対する耐久性を向上。TSAロック対応のクリップ式の開閉システムも装備している。

    まるでデニムのエイジングのように、使い込むほどに味わいを増すアルミニウムのヴィンテージ感を堪能したい。

    商品詳細はこちら

    来るべき旅に備えて
    ぜひあなたにとって最良の相棒を

    単なる荷物入れではなく、ファッションアイテムのような感覚で、あなたの個性を示すことにもなるキャリーケース。納得できるセレクトは旅に出る気分をより高めてくれるだろう。ぜひあなたにピッタリの相棒を見つけてほしい。

    sp_share
      バックナンバー