SCROLL
Sunny after rain 急がずに、でも休まずに

雨のちは晴れるもの。

止まない雨はないのだから、
急がずに、でも休まずに、
日々を過ごしていきましょう。

梅雨の時期に役立つ高機能ウェアやグッズ、
フリークがほしがるスニーカー、
暮らしを豊かにするパスタツールなどをご紹介。

ぜひ、お買い物の参考に。

宮沢氷魚 スペシャルインタビュー

Interview HIO MIYAZAWA

”当たり前”の位置を噛み締める日々 宮沢氷魚のNowadays

平日はリモートワークで、
休みの日も外出を控え、自宅で過ごす。
予想もしなかった事態に
誰もが戸惑いながら、
新たな暮らしのスタイルを模索している。

ストレスを溜め込むことなく、
ポジティブに毎日を送るためには
どうしたらいいのだろう?

自粛生活を充実させるための
快適インドアファッションを提案しつつ、
注目の若手俳優・宮沢氷魚に
自宅での過ごし方について聞いた。

Photos : TATSUYA YAMANAKA(stanford)
Styling : TAKANORI AKIYAMA
Hair&Make : MARIKO MORIGAMI
Text : SHINSUKE UMENAKA(verb)
2020.5.15

料理の基礎を学びながら
1日3食を自炊する生活

女優・杏さんとの恋愛模様が記憶に新しいドラマ「偽装不倫」、「愛がなんだ」の今泉力哉監督がメガホンを取った映画「his」、そして渡辺謙さんとの共演が注目を集めたPARCO劇場のオープニング・シリーズ「ピサロ」など、話題作への出演が続いていた宮沢氷魚さんだが、1か月以上自宅にこもる日々が続いているという。俳優という仕事柄、リモートワークとはいかない。そんななか自分磨きに励んだり、生活を整えるなど、自分にできることに集中し、日々を過ごしていると語る。

「撮影現場ではお弁当やケータリングが用意されていることが多く、帰りも遅くなる日もあり、自炊をしている時間がありませんでした。でも、いまは外出といえば、週に1度のスーパーへの買い出しくらいです。料理本を買い込んで、朝昼晩と毎日3食の自炊をはじめました。

料理は学生時代に留学していたときに覚えたので、本がなくてもある程度はできるのですが、自己流で味付けも目分量だったから、同じ料理をつくっても、毎回、できが違いました。だから、この機会に基礎から学んでみようと、味付けの黄金比をテーマにしたレシピ本などを買って、あれこれ試しています。みりんや醤油の割合とか、気にしたことがなかったので楽しいですね」

スタイリング

部屋着は色数を抑えることで、よりリラックス感が演出できる。のっぺりとした印象にならないようレイヤードや素材感の違うアイテムを組み合わせることで、立体的に見せる工夫をするとより効果的。

色数を抑え、視覚からリラックス感を演出する
衣装協力
ベスト33,000円/ヨーク(スタジオ ファブワーク TEL:03-6438-9575)、Tシャツ16,500円、パンツ42,900円/ともにスタジオ ニコルソン(キーロ TEL:03-3710-9696)、ヴィンテージの時計404,800円/オメガ(江口時計店 TEL:0422-27-2900)、ソックス3,300円/パンセレラ(真下商事 TEL:03-6412-7081)、スリッパ7,480円/ルーマー(アルファ PR TEL:03-5413-3546)

こんなに油が入っていたなんて!
健康への意識という副産物

最近は肉のつけ置きにもハマっているという。

「安めのお肉を買ってきて、自作した焼肉のタレと一緒に一晩寝かせたり、豚のブロック肉を買ってきて、スライスしたら、中華スープの素、レモン、ごま油、生姜、ニンニク、それから砂糖を加えてつくったタレに漬け込む、ネギ塩レモン味の豚肉をつくったり。一度、味付けの黄金比をマスターするといろんな料理に応用ができるんですよ」

熱のこもった言葉に「いったいどこを目指しているんですか?」と、ツッコミを入れると、「家にある食材でパッとつくって、サッと出せる。そんな料理ができる男性になりたいんですよ。野菜炒めと味噌汁しかつくれない。とかではなく、肉を焼くにしてもガーリックバターで味付けするとか、ひと手間を加えた料理をつくれる男になりたいんです」と笑う。

こうした自炊生活で料理のスキルがあがっただけではなく、新たな発見もあったという。

「自分でイチからつくってみると、日頃食べている料理に、どんな食材がどれくらい入っていたのか、知ることができます。ドレッシングも自作していますが、こんなにも油を使うなんて、驚きですよね。多すぎると思って量を控えてみると、物足りない味になるし、食の安全性や健康への意識が飛躍的に高まりました」

ゆるさが際立つビッグシルエットも大人カラーで引き締める

スタイリング

これからの季節に重宝するポロシャツもビッグシルエットが気持ちいい。濃い目のブルーやダークグリーンなど大人っぽいカラーでまとめると、過剰なゆるさも引き締まるはず。

衣装協力
ポロシャツ35,200円/ヨーク(スタジオ ファブワーク TEL:03-6438-9575)、Tシャツ16,500円/スタジオ ニコルソン(キーロ TEL:03-3710-9696)、パンツ30,800円/セラー ドアー(アントリム TEL:03-5466-1662)、ヴィンテージの時計404,800円/オメガ(江口時計店 TEL:0422-27-2900)、スリッパ7,480円/ルーマー(アルファ PR TEL:03-5413-3546)、ソックス/スタイリスト私物

クッキーを焼くとアメリカで
過ごした幼少期を思い出す

料理だけではなく、クッキーなどお菓子づくりも趣味だという宮沢さん。

「ひとり暮らしをしている自宅にはオーブンがないので、実家に帰ったときだけですが、昔からクッキーを焼いたり、お菓子をつくるのが好きです。ある意味、僕には料理をするより簡単なんです。微妙な火加減や調味料を加えるタイミングなど、料理を上手につくるには経験が必要です。でも、お菓子は材料の分量を正確に計り、オーブンの温度をきちんと設定するなど、レシピを忠実に守れば、大きな失敗はしません。100gジャストに計測したり、細かい作業が得意な性格という点も、お菓子つくりに向いていると思います」

ときには撮影現場にクッキーの差し入れをすることもあったという。お菓子づくりにハマっているのは、自身のルーツにも関係していると語る。

「母がアメリカ人とのハーフなので、子どもの頃はよくアメリカに住むおばあちゃんの家で過ごしていたのですが、あちらでは家庭のオーブンでクッキーやケーキを焼くのが習慣でした。だから実家でクッキーを焼いていると、当時を思い出すんです。あと、お菓子も想像以上にバターや砂糖が入っているので、自分で焼くと食べ過ぎることがありません。二個だけにしておこうってセーブする気持ちが働きます」

入浴剤とキャンドルで
1日2回の癒しのバスタイム

料理に加え、最近ハマっていることのひとつとして、宮沢さんはお風呂をあげた。

「毎日、2回入るのが日課です。もともとはシャワーで済ましがちだったのですが、湯船に浸かると体温があがり、代謝もあがるので、お風呂に入るようになりました。入浴剤がたくさんあるので、全部並べて“今日はどれを入れよう”って悩むのが楽しい瞬間です」

また、入浴法にもこだわりがあるという。

「お風呂場の電気を消して、代わりにアロマキャンドルを灯します。目を瞑りながら少なめに貯めたお湯に入れた入浴剤とキャンドルの香りを楽しみつつ、ノラ・ジョーンズを流すんです(笑)。ときどき隙間風でキャンドルの炎が揺れるのですが、天井を見るとその光が反射して幻想的です。ボーッとしながらそれを眺めているのが、至福のひと時なんです」

朝起きたら、朝ごはんを食べて、コーヒーを飲む。そのあと、一度、お風呂に入ってから、ストレッチをする。そして夜は、ご飯のあと胃の中が消化されるまで、弟にすすめられてハマった配信ドラマ「ピーキー・ブラインダーズ」を1話分見てから筋トレや体幹トレーニングを開始する。しっかり汗をかき、入浴剤を入れたお風呂に入り、出てきたらビールを飲みながら「ピーキー・ブラインダーズ」をもう1話分見て寝る。そんなルーティーンで過ごしているという。

子どもっぽく見えたらブラックで蓋をする

スタイリング

愛らしい柄物のルームウェアは子どもっぽく見えてしまうことも。そんなときはシックな黒シャツで蓋をすることで改善する。デリバリーなど突然の来訪者にも気後れしない。

衣装協力
シャツ31,680円/キャプテン サンシャイン(キャプテン サンシャイン TEL:03-6277-2193)、パンツ30,800円/ヨーク(スタジオ ファブワーク TEL:03-6438-9575)、メガネ53,900円/10 アイヴァン(アイヴァン PR TEL:03-6450-5300)

近所迷惑にならないよう
アンプなしのエレキギターで

撮影で手に持っているギターは自身のもの。アコギだと音が響き、近所迷惑になってしまうかもしれないと、アンプをつながずにエレキギターを奏でるという。

「ギターのレッスンなどは受けたことがないんですけど、子どもの頃から身近に楽器があったので、いつしか自分でコードを調べて練習するようになりました。簡単な曲しか弾けないんですけど、たまにギターを鳴らすと落ち着きます」

ビートルズやオアシスの比較的コードの覚えやすい楽曲を弾くという。

「昔はギター以外に、トロンボーンもやっていたんですけど、さすがに家では吹けないですから。実家に帰れば、防音の部屋があるので、エレキギターもアンプをつないで爆音で演奏します。ストレス発散になりますね」

ワークウェアはコンサバにスタイリング

スタイリング

片付け、掃除、機械いじり…、利便性を考えればワークウェアの右に出るものはない。とはいえ、野暮ったいのはNG。カットソーを合わせて、コンサバにコーディネイトして脱おじさんを目指すべき。

衣装協力
カットソー13,200円/リノ(グッドスタンディング TEL:03-6447-2478)、オーバーオール44,000円/ニート(にしのや TEL:03-6434-0983)、ヴィンテージの時計404,800円/オメガ(江口時計店 TEL:0422-27-2900)、靴41,800円/フット・ザ・コーチャー(ギャラリー・オブ・オーセンティック TEL:03-5808-7515)

肩の力が抜ける先輩との舞台に向けて
粛々と準備をする毎日

「『アンナ・カレーニナ』は、原作では難解な表現も多いのですが、不倫と純愛を対比させながら、人間の理想と現実を描いた名作です。19世紀を舞台にした作品ですが、現代に通じるテーマがあり、そんな舞台に参加できるなんて光栄なことです。ましては、宮沢りえさんと共演させていただくのは貴重な経験で、いまからすごく楽しみにしています」

公演が終了したばかりのPARCO劇場のオープニング・シリーズ「ピサロ」では、渡辺謙さんと共演し、今度は宮沢りえさんと同じ舞台に立つ。大先輩との共演が続く心境を聞いた。

「稽古の初日を迎えるまでは、緊張で押し潰されそうになりますが、現場に行くと、不思議と落ち着きます。たぶん対抗しても勝てるわけがないと悟るんでしょうね。その分、自分ができることに集中できますし、もし僕が間違っていることをしていたり、違う方向性に進んでいるとしたら、指摘してくださると思います。だから、同世代との現場のほうが相手を意識して、ライバル心が芽生えます」

演技の基礎を身につけ
いつかは海外で勝負をしたい

先輩との共演が続き、その将来を期待される宮沢氷魚さん。最後に今後の目標について聞いた。

「26歳になりましたが、30歳を迎える頃までは、芝居もそうですが、とにかく目の前にある仕事を片っ端からやっていきたいですね。20代は日々葛藤して格闘して強くなっていく時期だと思うんです。それで30代になってようやく自分のやりたい方向性が見えてくるのではないかと思うんです」

同年代の俳優たちと比べ、遅咲きともいえる20代半ばからのブレイク。ガムシャラに仕事をこなすことで、早く実力をつけて、追いつきたいという思いがあるのかもしれない。そして、いつかは海外でも仕事をしてみたいという。

「ハリウッドで活躍する人たちのほとんどは、早くから演技の学校で学び、基礎を固めています。むしろ海外ではそれが当たり前です。でも、僕の場合、22〜23歳まで演技経験がなく、この世界に飛び込みました。だからいまは演技のベースを固める時期。土台ができて、ようやく向こうでも勝負できると思うんです。海外でも活躍されている渡辺謙さんと出会えたことで、追いかけるべき背中というか、進んでいきたい道が見えた気がしています」

終始、穏やかな表情で自宅生活を教えてくれた宮沢氷魚さん。夢を語るそのときには、決意を感じさせるように、目に力がこもっていた。

バンドカラーシャツで襟元を涼しげに

スタイリング

ホワイトシャツにチノパン。そんな飽きのこないコーデでは素材感やディテール、サイズ感で差がつく。バンドカラーシャツなど少々アクの強いアイテムこそ、変化を出せるので打ってつけだ。

衣装協力
シャツ28,600円/へリル(アンシングス TEL:03-6447-0135)、パンツ33,000円/カベル(HEMT PR TEL :03-6721-0882)、サンダル19,800円/ビルケンシュトック(クオリネスト TEL:03-6427-1977)、Tシャツ/スタイリスト私物