スタイルマスターたちの10年モノ 選手権

スタイルマスターたちの10年モノ 選手権 ファッション、アウトドア、メディアなど様々な業界で活躍するスタイルマスターたちに、リアルに10年使っているもの、使いたいものを大調査。ファッション、ギア含め様々なモノを買ってきた達人たちの“定番品”だからこそ説得力が違う。2019年、買い物始めの参考にぜひ!

Style master01

COMMON EDUCATION
ディレクター
前田恭幸さん
AGE_38

アメリカンカジュアルをベースにした人気ブランド〈COMMON EDUCATION〉のディレクター。キャンプやフェスなど外遊びも大好き。

  • 10年モノ1

    ヴェンドラミニの
    フィオーレ

    「1920年から3代続く登山靴メーカーのチロリアンブーツは、ガチで10年履き続けている1足です。履き込んでいくうちに自分の足の形にインソールが変形していくところなど、職人の手仕事を実感できるところがお気に入りです。アウトソールは無骨ですがアッパーはシンプルなので、キレイ目からストリートまで幅広く合わせられるのもいいですね」

    類似商品を探す
  • 10年モノ2

    ジェネラルリサーチの
    スタジアムジャケット

    「1998年に発売されたスタジャンです。今では〈RESEARCH〉としてマウンテンリサーチを筆頭に様々なアイテムを展開していますが、これはしっかりとした縫製、素材使い、非の打ち所がないデザインなど全てがお気に入り。最近、マウンテンリサーチのワッペンをミシンで縫いつけてカスタムしました。いいモノはずっと色褪せないですね」

    類似商品を探す
Style master02

フリーランス編集・
ライター
藤原雅士さん
AGE_49

ファッション誌、モノ雑誌をはじめ幅広いフィールドで活躍するベテラン編集ライター。特にバッグと革小物の取材歴は20年以上。

  • 10年モノ1

    ニューバランスの
    M1300

    「約25年前にM1300のUSAモデルを履いて以来、スニーカーはニューバランスのUSA、もしくはUKモデルしか履かないようになりました。取材の際に歩き回ったり、立ちっぱなしだったりすることもあるのですが、疲労度が圧倒的に違います。写真のモデルはM1300をベースにアッパーをコーンミルズ社のデニムに換装したスペシャルモデルです」

    類似商品を探す
  • 10年モノ2

    ショットの
    ロングライダース

    「15年前にフリマで見つけたライダースジャケット。ショットといえばショート丈、ワンスターなどで知られていますが、こちらは珍しいロングタイプ。ショートはカッコいい反面お腹あたりがスースーして寒いのですが、これはホント暖かいので真冬でも問題なく着用できます。牛革とは違う、ラムレザー特有のエイジングも気に入ってます」

    類似商品を探す
Style master03

加瀬善隆さん
hallelu 代表
AGE_40

ミリタリーウェアをはじめ、アパレルから雑貨まで幅広く扱う中目黒のライフスタイルショップ〈hallelu〉店主。古着の知識も豊富。

  • 10年モノ1

    U.S.ミリタリーの
    ジャングルファティーグ
    ジャケット

    「ミリタリーウェアはワンシーズンで終わらず、それこそ10年以上でも着続けられるのが魅力の一つ。これは1960年代のヴィンテージものですが、この年代ならではの風合いが気に入ってます。シンプルなので合わせるアイテムを選ばず、さらっと羽織れるのもいいですね。ミリタリーウェアってマニアックで敬遠されがちですが、誰しもが着用できるアイテムですよ」

    類似商品を探す
  • 10年モノ2

    ティファニーの
    ブレスレット

    「人気の高いティファニーのアクセサリーですが、これは1990年代のモノで、現在は廃盤になっているため人と被らないのがポイント。ティファニーは老舗だけあり、今では生産していないデザインも多数存在しますが、ユーズド市場でも人気が高く球数が少ないんです。人と被りたくない人はオールドアクセサリーを狙うのも手だと思いますよ」

    類似商品を探す
Style master04

大嶽彰啓さん
会社員
AGE_38

最近は山に入ってブッシュクラフトをすることも多いコアなキャンパー。ナイフ1本でカトラリーや椅子なども作ってしまう本格派。

  • 10年モノ1

    デイツのオイルランタン

    「1840年に設立された、デイツ社のオイルランタンです。これは1900年代中期のものですが、その何ともいえないデザインが気に入っています。正直現行のランタンに比べて手間もかかるし、メンテナンスも大変。純粋な実用性という部分では劣りますが、LEDにはない優しい灯りに癒されています。時代を超えて愛される名品なので、大事に使い続けたいですね」

    類似商品を探す
  • 10年モノ2

    スタンレーのワンハンドボトル

    「これまで様々なボトルを使ってきましたが、耐久性、保温力、使いやすさなどからこのボトルに行き着きました。容量も選択肢が多く、自分に合ったものを選べるのも魅力だと思います。これは0.35Lなので普段使いに丁度良く、片手で蓋の開閉が可能なので、車で移動する時に重宝しています。置いておくだけで様になるデザインもこのブランドならではですね」

    類似商品を探す
Style master05

斎藤篤史さん
PR会社
AGE_30

ホグロフスやオークリーなどを扱うPR会社〈ダブワークス〉プレス。日々沢山のモノに触れ、その審美眼の高さにも定評あり。

  • 10年モノ1

    スロウのレザートート

    「学生の頃に購入して以来、ずっと使い続けているレザートートバッグです。栃木レザー社のフルベジタブルタンニンレザーを採用しているので、使えば使うほど表情を変え、深みを増していくのがお気に入りです。スタンダードなデザインなのでどんなコーデにもハマります。自分と一緒に歳を重ねていけるものってそうないので、これからもずっと大事にしたいです」

    類似商品を探す
  • 10年モノ2

    クロウキャニオンホームの
    ショートマグ

    「マーブル柄が目を引くホーローのタンブラーは、学生の時にアメリカ旅行した際に購入して以来ずっと使い続けているものです。普段の食事はもちろん、キャンプに行く時も使っています。表面がガラス質なので汚れやニオイの成分がつきにくく、洗うのが楽なのもいいですね。そろそろお皿やスプーンも全てこれで統一したいと思っています」

    類似商品を探す
Style master06

シモケンさん
理容師
AGE_41

東京、日野市の高幡にある理容室〈BARBER SHOP NEW STANDARD〉店主。キャンプやスノーボードが好きな外遊び派。

  • 10年モノ1

    チャンピオンの
    スウェット

    「ヘタレたら買い足して、気づけば10年以上スウェットはコレばかり買っています。リバースウィーブならではの動きやすさに加え、コットンの素材感も好きですね。ずっと変わらないボックス型のシルエットで、洗うほどに丈が詰まって自分の身体に馴染んでいく感じも気に入っている点です。気負いなく楽に着れるので、毎日のように手にとってしまいますね」

    類似商品を探す
  • 10年モノ2

    レイバンの
    ウェイファーラー

    「サングラスは色々持っていますが、やっぱりレイバンは好きです。これは言わずと知れた定番のウェイファーラーですが、Made in USAだった頃のもので、ボシュロム社という会社がレンズを作っていた時代のものです。色々なモデルがあると思いますが、形自体が完成されたものなので、自分の顔のサイズに合ったものを選べば10年は余裕で使えると思います」

    類似商品を探す
Style master07

石綿誠さん
COREディレクター/
アーティスト
AGE_42

スケートボードの廃デッキを用いてプロダクトを生みだす逗子在住の作家。アクセサリーやオブジェ、家具まで様々なアイテムを発表している。

  • 10年モノ1

    ダナーの
    マウンテンライト

    「アウトドアが好きなのでダナーは何足か持っているのですが、これはゴアテックスを使っていて防水性も抜群なので、なんだかんだ10年くらい履いています。雪とか雨の日でも安心感があります。かなり履き込んでいるので所々傷もあり、経年変化していますが、それもまた自分だけの味になってくれます。ほんと名作だと思いますよ」

    類似商品を探す
  • 10年モノ2

    PBのヘキサゴンレンチ

    「自転車やバイクをいじる時に使うレンチ。10年以上使っていますが、モノをよく無くす僕にとっては奇跡的に1本も欠けることなく揃っています。おそらくこの派手な配色と、ちょっと高価なお陰だと思いますが、自分のなかで“良いモノを長く使う”代表的なアイテムです(笑)。精度の高さもそうですが、良い工具は塗装が剥がれにくいのも良いですね」

    類似商品を探す
Style master08

田代浩三さん
会社役員
AGE_41

各種ウェブメディアのデジタルコンテンツ製作ほか、動画も手がけるプロダクション役員。シーズンで終わるものではなく、定番ものが大好き。

  • 10年モノ1

    スティーブンアランの
    シャツ

    「横幅があり、少し丈が長いシルエットと、ガンガン着込んでも形が崩れないタフさが気に入っています。洗濯を繰り返しても余裕で3年は着れると思います。価格も1万円台中盤なので、僕のなかでコスパ最強品ですね。ここ10年はこのブランドのものしか着ておらず、常時7枚くらいを着回しています。着れなくならないように体型維持も頑張っていますよ(笑)」

    類似商品を探す
  • 10年モノ2

    オールデンのブーツ

    「ずっと欲しくて憧れだったオールデンのブーツですが、7〜8年前にハワイに行った時に購入。敢えてコードバンではなくスウェードを選びました。噂通りの履き心地の良さで、履くほどに足に馴染み、長時間歩いても疲れません。何度か履いた後に軽くブラッシングする程度のケアですが、それだけで全然大丈夫。10年と言わず、20年は履き続けられるものだと思います」

    類似商品を探す
Style master09

佐藤だいすけさん
エディター
AGE_43

ファッション誌ほかメンズ誌を中心に活躍するエディター。英国の伝統的な、いわゆる「名品」と呼ばれるものが好きで、自身でも多数愛用する。

  • 10年モノ1

    フィルソンの
    フィッシング
    ウエストバッグ

    「品質、耐久性、使いやすさも申し分ないフィルソンのバッグは、気付いたら10年近く使っている名品です。これは小型ですがポケットが豊富なので、スマホ、煙草、財布、鍵類と普段持ち歩くものを効率よく収納できるので重宝しています。使い込むほどに味がでるのもフィルソンならでは。近所の海に子供と釣りに行く際にも使っています」

    類似商品を探す
  • 10年モノ2

    サンスター文具の
    アーム筆入れ

    「昭和世代にとっては馴染み深いサンスター文具の筆箱。これは“象が踏んでも壊れない”のキャッチコピーで有名なペンケースのミリタリーカラーモデルで、懐かしくなって購入しました。タフを売りにしている同社のペンケースとミリタリーライクなカラーリングは自分的にツボ。大人になってもずっと使い続けたくなるアイテムの一つですね」

    類似商品を探す
Style master10

入江達也さん
カメラマン
AGE_33

雑誌やウェブメディアを中心に活躍するカメラマン。アウトドア好きだが、単独行動が好きなので最近はソロキャンプにハマり中。

  • 10年モノ1

    グレゴリーのデイパック

    「小学生の時にアウトドア好きの父から譲り受けて以来、25年以上愛用しています。現行でも発売されていますが、今でもカタチがほとんど変わっておらず、いかに完成されたプロダクトであるかが分かります。ブランドタグが1990-1993年しか生産されなかった通称“紫タグ”である点もお気に入りポイントです」

    類似商品を探す
  • 10年モノ2

    ヴィクトリノックスの
    スモールマルチツール

    「いざという時にあると心強いマルチツール。撮影の時などにも活躍してくれる自分的にマストなアイテム。これはグリップがウッドタイプなので滑りにくく、気づけば10年以上持ち歩いています。あまりに毎日持ち歩いているのでロゴも消えてしまっています(笑)。古着好きにはたまらない〈WOLF’S HEAD〉のキーホルダーをつけて、一緒に年を重ねています」

    類似商品を探す