匠のモノ語り
GLENFIELD 自由が丘店

革アイテムの匂い、質感まで伝えたい。老舗ウェブショップが実店舗にかける思い

GLENFIELD 自由が丘店

さまざまなECモールに、革製品の逸品を紹介するウェブショップ「GLENCHCK」の実店舗として、歴史ある旧社名である「GLENFIELD」を冠した、当社の最上級のサービスを体験できる「GLENFIELD 自由が丘店」が、2019年10月、東京・自由が丘にオープンした。実店舗開店を決意した理由は、ウェブでは体験できない“五感的価値”を革アイテムファンに伝えたいという願いによるものだった。

グレンチェック

ブランドの世界観を伝える、
ショールームとして実店舗をオープン

街歩きを楽しみながら、のんびり買い物ができるハイセンスな街として人気の高い東京・自由が丘に10月にオープンした、革小物を取り扱う「GLENFIELD 自由が丘店」。数々のヒットアイテムと素材を送り出してきた老舗インポーター・株式会社JALUX STYLEを母体にもつ、ウェブショップ「GLENCHCK」の実店舗だ。歴史があり、時代を経ても通用する機能性がある、作り手のこだわりがあるアイテムだけを厳選して取り扱ってきたGLENCHECK。数々のECモールで展開し、好評を得ていたものの、課題はあった。

それは、高品質なレザーを使ったブランドを取り扱っているものの、ウェブ上ではその質感、匂いなどを正確に伝えることはできないということ。ブランドの認知拡大、価値向上のためには、実際に手に取って、本物に触れられるショールーム的なものが必要だと考えたことが、GLENFIELD 自由が丘店をオープンさせるきっかけとなった。

GLENCHECKの商品を厳選

またGLENCHECKの顧客からも「実物を見てみたい」という声も多くあがっていた。店舗を閉め、ウェブのみの展開に絞る会社も増えていている現代、あえて実店舗をつくったのは、顧客とブランドの世界観を共有したいという強い思いからだ。

「The Spirit of Craftsmanship」。GLENFIELD 自由が丘店のコンセプトは、昔ながらのクラフトマンシップ。グリーンを基調にした“工房”をイメージした外観、内装、スタッフはエプロンを着用している。長く愛されるブランドを生み出だすためには、ブランドのファンを増やすことが重要。実店舗がその大きな役割を果たしてくれるはずと、大きな期待を寄せている。

GLENFIELD 自由が丘店の店長池田貴則さん
店長経験10年以上のキャリアをかわれ、GLENFIELD 自由が丘店の店長として採用された、池田貴則さん。プライベートでは、ヴィンテージファッション・小物のコレクター。

人気ブランドこだわりの革製品が、他社よりも安く手に入る

GLENFIELD 自由が丘店で取り扱う商品は、GLENCHECKでの売れ筋ブランド、8〜10ブランドほど。主力ブランドは、英国の「BRITISH GREEN(ブリティッシュグリーン)」。牛革に染み込ませたロウや特殊なワックスが表面に浮かびあがった「ブルーム」が特徴の「ブライドルレザー」や、UKスタイルを踏襲したフォルムが人気のブランドだ。

「BRITISH GREEN」の「ブライドルレザー」の財布

ほかにも、独特なツヤをもつホースレザーのコレクション「FLYING HORSE(フライングホース)」や、表面がマーブル模様に見える「ミュージアムカーフ」などを用いた「SNOBBIST(スノビスト)」などの人気ブランドも展開。革製品で有名なイタリア・モッロヴァッレの革ブランド「GUIDI(ジウディ)」のバッグ、素材にこだわったアパレルなどもラインナップ。

「highland 2000」のニット

これらのこだわりのアイテムが、他社よりも安く手に入るのは、革工場と直接やり取りをするなど、独自の調達・製造ルートをもっているから。
GLENFIELD自由が丘店のメインターゲットは、30代~50代の、ライフスタイルにこだわりをもった男性。だが、自由が丘、徒歩1分の路面店という立地上、ファミリーやカップル、女性の来店も多い。持ち手や底、ボディの色柄を組み合わせてカスタムオーダーが可能な女性向けトートバッグの受注なども行っている。

女性向けカスタムトートバッグ

GLENCHECKで購入した商品の手入れ方法を聞きに来店したり、手入れ道具を買いに来た顧客、また実店舗で実物を見た後、ウェブでオーダーすると言っていた顧客など、実店舗とウェブショップの相乗効果を実感しているという。
素材とストーリーにこだわった商品を世界に探し求める一方、「GLENFIELD」という店名を冠した商品も開発中だという。2020年に向け、「GLENFIELD 自由が丘店」の展開は、始まったばかりだ。

Three Focus Storys

  • 「クラフトマンシップ」を体現するこだわりの内装

    株式会社モーメントによるこだわりの内装

    ファッションストアや飲食店などの店舗設計を中心に、グラフィックから空間までトータルでデザインワークを展開し、世界中で多くの賞を受賞するモーメントが店舗設計を担当。なぐり加工を施した木材や、時間と共に味わいを増していく鎚起された銅板などを取り入れて、店舗コンセプトである「The Spirit of Craftsmanship」を体現。細部まで職人の魂が込められた空間デザインに仕立てられている。
    店舗設計の主な実績:イッセイミヤケ国内外店舗、リビング・モティーフ、キハチ青山本店、AKOMEYA TOKYO銀座本店、パタゴニアサーフ大阪、他多数。

  • ギフトニーズの高さから、女性向け商品も展開

    「Chiocciola(キオッチョラ)」の革小物

    ウェブ販売で、実は多かったのがクリスマス、バレンタインデー、父の日などのプレゼントギフトとしての、女性の購入。実際手に取って、その機能性や材質に惹かれ、男性用の商品を購入する女性客も少なくないという。
    GLENFIELDでは自由が丘という実地柄、当初から女性客の来店も見込んでいた。店内には本物志向の女性向けブランド、「Chiocciola(キオッチョラ)」の財布やパスケースなども展開。

  • 顧客の「欲しい」を叶える新アイテムの導入を検討中

    日本製コードバンの財布

    素材と製造の品質にこだわったコードバンを使用した財布「FLYING HORSE」の“made in japan”シリーズや、「SNOBBIST(スノビスト)」のペンケースなど、小物も充実。実店舗ができたことで、顧客の声も反映しやすくなった。現在、首からかけられるパスケースや携帯電話のケースなどが顧客のリクエストからあがっている。今後、取り扱うことも検討に入れている。

グレンチェックの商品はコチラ

SHOP INFO
GLENFIELD 自由が丘店

革アイテムの匂い、質感まで伝えたい。
老舗ウェブショップが実店舗にかける思い

グレンチェック

GLENFIELD 自由が丘店 店舗情報