匠のモノ語り
昆虫への興味や研究欲が燃え続け、山田養蜂場に入社した養蜂部 主任技術員 加藤さん
ミツバチの恵みをお届け蜂蜜の一滴まで余すことなく。

優れた有用性で注目を集めているローヤルゼリーやプロポリス、蜂蜜などの健康・自然食品、化粧品を取り扱う山田養蜂場。始まりは養蜂家だった創業者が心臓疾患を抱える娘を助けたい一念で、ローヤルゼリーについて研究したこと。この家族への思いが企業理念となり、一つひとつの商品にまで受け継がれていた。

ダイエット・サプリ・健康食品・化粧品 山田養蜂場

一人ひとりを想い、培ってきた英知と愛情をミツバチに注ぐ

日本のみならず、世界にもミツバチ産品の市場を拡大している山田養蜂場。商品づくりのもっとも重要な役割を担うミツバチは、自然環境と切り離せない。そのため、生産拠点は今も創業の地・岡山県鏡野町にある里山のまま。

もちろん、何もかもミツバチ頼みではなく、その恵みと最先端研究を融合するため「みつばち健康科学研究所」を設立するなど努力は怠らない。養蜂にあたるスタッフも蜂の生態、環境や医学への作用などを究め続ける「追究者」たちで、大学時代、自ら毒蜂に刺され、耐性研究に没頭した強者もいる。

そんな養蜂部が誇る技術のひとつがローヤルゼリーの大量採取だ。ローヤルゼリーは、女王蜂のための栄養豊富な特別食。女王蜂は王台という特別な部屋に産み付けられる習性を利用して、山田養蜂場では大量の人工王台を巣箱に設置。1個の王台から採れるローヤルゼリーはわずか0.5gだが、全採取量は劇的に増え、さまざまな商品展開に生かしている。

さらにミツバチは、遺伝子や血統が鍵を握るため、養蜂が行われていない里山に巣箱を設置し、良血のオス蜂と女王蜂を交尾させ、ローヤルゼリーの生産能力が高いミツバチを繁殖することまで行っている。ローヤルゼリーの採取のことを採乳というのだが、養蜂は畜産と同様、緻密な計画と高度な技術、そして深い愛情が必須なのだ。

一度に採取できる量は微量なことから時間も手間も相当な上、気候や環境の影響を受けやすく、たった1匹のスズメバチが手塩にかけて育てた何万匹のミツバチたちを全滅させることも。1日たりとも休むことはできず、神経を使うのだが、スタッフはミツバチとミツバチ産品の素晴らしさを一人でも多くの人に知って欲しいと養蜂に全身全霊を捧げている。

どんな小さな声も聞き逃さず、商品として結実

ハチミツ産品には、ホッとさせる力があると話してくれた商品開発研究所 所長 宮井さん

山田養蜂場では、創業当初、全国の百貨店の物産展などを巡り、ミツバチ産品を一人ひとりに手売りしてきた。

その後、つくり手の思いや商品の魅力をより広く、直に伝えられることから通信販売事業を開始。現在は直営店舗も展開しているが、電話購入が大半を占め、顔は見えなくとも注文を受けるコミュニケーターと1対1の心の通う関係を構築しているという。

このユーザー一人ひとりの声は、ミツバチと同じく、山田養蜂場の根幹を支える重要なもの。年齢や購入履歴、要望などすべてをデータベース化し、商品開発に活用しているのだ。

例えば、看板商品である「酵素分解ローヤルゼリー キング」は粒が大きくて飲みにくいという声から飲みやすい小粒に改良。蜂蜜が液ダレして使いにくいという声からは、液のキレが良く使い勝手の良い専用容器を開発した。

ミツバチ産品への反応を直接把握する目的から、テレマーケティング部と商品開発部が同フロアに隣接していることも特長。クレームや問題点の声については、まるで家族の一大事のように即改善に乗り出すなど、ユーザーに本当に必要なもの、役立つものは何かを常に皆で考え、たった一人の声にも応えるべく、人気商品であっても改善を繰り返しているのだ。

健康情報の提供やカウンセリングサービスなどを通じて、一人ひとりに寄り添い、役に立つミツバチ産品を届けてくれる山田養蜂場。ミツバチ産品には医学的、科学的に解明された有用性はもちろん、蜂蜜たっぷりのホットドリンクを飲むと気持ちが安らぐといった不思議な力もある。現代社会で戦うストレスフルな男性は、ぜひ活用してみてはいかがだろう。

Three Focus Storys
  • 安全・安心な商品しか届けない。徹底した品質管理

    ミツバチ産品は養蜂環境や技術、鮮度管理などによって品質が左右されることから、山田養蜂場は安全・安心を絶対的使命とし、25mプールいっぱいの水に一滴の農薬が混入していても見逃さない10億分の1濃度を検出する超高感度分析機器を導入するなど、最高水準の品質管理体制を完備。費用や時間を要しても200項目にも上る品質検査を全ロットで実施している。また、商品一つひとつは最終的に人の目で厳しくチェックし、届けていることも特長だ。

  • 何も壊さない。何も加えない。「本物」の商品づくり

    純粋な蜂蜜には栄養価の高い花粉が含まれているが、白く結晶化して見た目が悪いため、除去したり、さらに人工的な甘さを足したものも少なくない。山田養蜂場では徹底した品質管理のもと、自然の風味、栄養がそのままの本物の蜂蜜を商品に。健康食品やサプリメント以外にも「ローヤルゼリーを飲んでいると肌の調子が良いので、化粧品をつくってほしい」といった要望にも応えている。

  • 一人の人の健康を守るための「アピセラピー」

    養蜂が盛んなヨーロッパでは、ミツバチ産品を活用したアピセラピー(アピ=ラテン語でミツバチ)という健康法が古くから定着している。山田養蜂場も約50年も前からミツバチ産品の有用性に着目し、健康への活用を促進。昨今の生活環境の悪化や高齢化に伴い、健康の維持・増進は個人も社会も取り組むべきテーマだが、山田養蜂場はそのテーマに対し早くから着目、今も向き合い続けている。

山田養蜂場のミツバチ産品

蜂蜜の一滴まで余すことなく。
ミツバチの恵みをお届け

ダイエット・サプリ・健康食品・化粧品 山田養蜂場