モノにこだわる男のためのライフスタイルマガジン「グーダ」 GOODA
男の春Style新スタンダード  Special Interview 小池 徹平
衣装協力
コート70,200円、パンツ35,640円/ともにファクトタム(ファクトタム ラボ ストアTEL:03-5428-3434)、シャツ29,160円、ベルト19,440円/ともにサイ(マスターピースショールームTEL:03-5414-3531)、ストール7,344円/トゥータル(オールドハットTEL:03-3498-2956)
ドロップショルダーのニットベストを重ね着すれば抜け感あるシャツコーデに
小技をきかせたシンプルコーデ春の定番アイテムはサイジングで大人の抜け感を
衣装協力
ニットベスト23,760円、シャツ20,520円、パンツ25,920円/以上すべてファクトタム(ファクトタム ラボ ストアTEL:03-5428-3434)
ワントーンでまとめたゆるめセットアップにピンクパーカーを差して洒脱さをプラス
衣装協力
ジャケット49,680円、パンツ38,880円/ともにネサーンス(エリオットTEL:03-5708-5757)、パーカー19,440円、スニーカー22,680円/ともにファクトタム(ファクトタム ラボ ストアTEL:03-5428-3434)、Tシャツ23,760円/サイ(マスターピースショールームTEL:03-5414-3531)、その他(スタイリスト私物)
ゆるめパンツをロールアップしてデニムコーデの土臭さに軽快さをミックス 衣装協力
ブルゾン34,560円/サイ(マスターピースショールームTEL:03-5414-3531)、シャツ20,520円、Tシャツ9,720円/ともにネサーンス(エリオットTEL:03-5708-5757)、パンツ34,560円/ラッピンノット(ヘムトPR TEL:03-6721-0882)、シューズ(スタイリスト私物)
自身の個性を理解しながらトレンドを器用に吸収するのが小池流スタイル Interview 小池 徹平

カットソー15,984円/ミスターオリーブ
(ウォーク イン クローゼット 代官山TEL:03-5459-1885)

「プライベートでよく着るのは、パーカーやストレッチが入ったパンツなど、カジュアルで動きやすいものが多いです。ビッグシルエットのトップスも好きですね。特にサイジングは意識していて、フォーマルな場ならジャストサイズを選ぶなど、オンとオフでメリハリをつけるようにしています」

そんな小池さんは、普段はモノトーン系の着こなしが多いという。今回の撮影で着用したコーディネイトの中でどれが一番好み? と尋ねると、意外にもピンクのパーカーを真っ先に挙げていた。

「このペールカラーみたいに、普段と違う着こなしに挑戦するのって勇気がいるじゃないですか。でも、こういう撮影の場なら、自分では選ばない色や柄、デザインの洋服を試せますから、テンションが上がりますよね! ワイドパンツのような流行の確認もできますし」

演技も歌も、そしてダンスも、何でも器用にこなす印象が強いが、その秘訣は、新しいものを貪欲に吸収する、こんな姿勢にあるのかもしれない。

ショッピング好きとのことで、ネット通販はもちろん、慌ただしい合間を縫ってLHPなど行きつけのショップや、旧知のデザイナーが開く展示会に顔を出し、衝動買いをすることもあるとか。気に入ってMY定番になったアイテムは、同じデザインの色違いをリピ買いするなど、こだわり派な一面もあるそうだ。

「シーズンの変わり目には大量買いをしちゃいます!国内ブランドのMR.OLIVEとか好きですね。日本人サイズが考慮されていますし。ちなみに年齢や舞台出演のことも考え、体力作りのためにジムに通っているのですが、胸板が厚くなってきたので、昔買ったTシャツなんかがキツくなっちゃって。お気に入りだった一着も今では部屋着に(笑)」

「前回の『キンキーブーツ』をいかに越えるか奮闘中です!」

そんな小池さんが出演するブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』の再演が2019年4月16日からはじまる。実はこの舞台、2016年の初演時には、連日チケットが完売し、熱狂的なファンを生むほど、大きな反響を呼んだ。終了直後から再演の話があり、満を持しての公演となる。

「この作品と出会ったことで、菊田一夫演劇賞をいただきましたし、僕の役者人生の中でも非常に思い出深い舞台です。だから、再演の一報を聞いたときは驚きよりも『待ってました!』という気持ちでした。また同じ役を演じられる喜びが大きかったですね」

しかし、一方で再演ならではの難しさにも直面しているという。

「音楽やダンス、舞台装置、そして役者の動きなど、すべてが緻密に計算されています。そのため勝手にアレンジを加えることができないんです。その条件のなかで表現者として、どうやって前回を超える舞台にしていくか、皆で全力で取り組んでいます」

小池さんが演じるのは靴工場の跡取り・チャーリー。三浦春馬さんが演じるドラァグクイーンのローラとの息のあったやりとりには、さらに磨きがかかるだろう。そして何よりもハイヒールで激しく踊る、ドラァグクイーンたちが会場を一層盛り上げる。

「自然と手拍子が巻き起こるなど、舞台というよりもライブ会場に近く、会場全体が一体感に包まれます。僕もたくさんの舞台を観てきましたが、そんな光景は日本で見たことがありません。観客も演者もみんながハッピーになれる、本当にエネルギーに満ちた舞台ですので、ぜひ劇場で体感してください!」

小池 徹平(こいけ てっぺい)

1986年1月5日生まれ。大阪府出身。2001年にジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞し、翌2002年、テレビドラマ『天体観測』で俳優デビュー。近年は舞台での活動も増加。2016年には『1789 -バスティーユの恋人たち-』『キンキーブーツ』での演技が高く評価され、第42回菊田一夫演劇賞を受賞した。5月17日(金)から出演作、映画『コンフィデンスマンJP』の公開も控えている。https://teppei.fanmo.jp/
Information

小池徹平、三浦春馬の最強タッグが帰ってくる!
大ヒットミュージカルの日本版が待望の再演

ブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』

公式サイト http://www.kinkyboots.jp/

STORY
SCROLL